【ACL】川崎が斎藤学のゴールで公式戦5試合ぶりに勝利

2019年03月14日 11時30分

決勝のゴールを決めた斎藤(手前中央)を祝福する川崎イレブン

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)H組の川崎は13日、ホームのシドニーFC(オーストラリア)戦に1―0で勝利。元日本代表MF斎藤学(28)が公式戦5試合ぶりの勝利をもたらした。

 ピッチに送り出されて2分後の後半38分に大仕事をやってのけた。相手DFのクリアボールを右足で押し込んで決勝点。「ゴールにからむことは意識していた。結果を出せてうれしい」と振り返ったが「ゴール以外は何もやっていない。反省しないといけない」と喜びは控えめだった。

 この1勝でチーム内の停滞ムードも一掃。大黒柱のMF中村憲剛(38)は「自信を取り戻すという意味でも勝ったのは大きい。モヤモヤしていたチームの雰囲気も良くなった」と指摘した。J1リーグ戦は開幕から3連続ドローでACLも1次リーグ初戦で上海上港(中国)に敗れたが、ようやくエンジンがかかってきた。この勝利をきっかけに、J12連覇中の王者らしく勝利を積み重ねていきたいところだ。