【ACL】アルアイン塩谷同点弾!アルドハイル中島意地一発

2019年03月13日 11時30分

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)西地区1次リーグC組の2試合が12日(日本時間13日)に行われ、日本勢2人が得点を奪う活躍を見せた。

 アルアイン(UAE)の日本代表MF塩谷司(30)は敵地のエステグラル(イラン)戦の後半40分に値千金の同点ゴール。1点ビハインドの中で得たFKからのこぼれ球をペナルティーエリア中央で待ち構え、左足シュートを鮮やかにゴール右に突き刺した。試合は1―1で終わり、貴重な勝ち点1獲得に貢献した。

 アルドハイルのMF中島翔哉(24)は敵地のアルヒラル(サウジアラビア)戦で3トップの左で先発フル出場。0―1で迎えた後半30分、左クロスからのこぼれ球に反応し、左足で同点ゴールを奪った。チームはその後4分間で2失点を喫し、1―3で敗戦。2試合を終えて1勝1敗となった。