川淵三郎氏が体調不良を告白 心配の声相次ぐ

2019年03月06日 14時04分

ツイートが止まった川淵氏

 日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(82)が6日、ツイッターで体調不良を告白した。

 日本トップリーグ連携機構会長を務める川淵氏は2月24日を最後に更新が途絶えていた。

 投稿は10日ぶりで、ツイートはさらに心配をあおる内容だった。

 川淵氏は「最近ツイートが少ないねと言われた。実は昨年暮れから身体の一部に湿疹が出て痒くて仕方がなかったんだけど放っておいた」と打ち明けた。

 さらに同氏は「所がどんどん増えて体全体に広がり慌てて病院に行ったら」と続けたところで、ツイートを中断。
 
 おそらく続きを書きたかったと思われるが、その後、数時間が経過しても更新はない。

 症状が悪化したことまでを確認したフォロワーからは「えっ?! 続きは?! 大丈夫ですか?!?!」「めちゃくちゃ続きが気になります…」「なんともなければいいんですけど」などと心配の声が相次ぐ事態となっている。