イニエスタ感激!キャプテン翼と合体

2019年03月05日 16時30分

翼をモチーフにした切符アートもお披露目された

 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が4日、京成電鉄四ツ木駅で行われた「キャプテン翼」特別装飾完成記念オープニングセレモニーに出席した。

 同作品の作者である高橋陽一氏(58)が葛飾区四つ木出身という縁で、駅全体をキャラクターでラッピングし、主人公の大空翼が描かれた切符アートの展示などを実施。原作アニメの大ファンとして知られるイニエスタが今回の企画のオフィシャルサポーターに就任した。

「キャプテン翼が作られた日本でサッカーができることを本当に喜んでいる」と笑顔のイニエスタは「6、7歳のころに朝8時くらいに放送していて、学校に行く前にお母さんがテレビをつけてくれてよく見ていた。お気に入りのアニメ」とキャプテン翼に熱中していた少年時代を懐かしんだ。

 作品中には特徴的なプレーも数多く登場する。「翼のドライブシュートや若林のセービング、立花兄弟のコンビプレーなど個性のあるプレーが印象に残っている。すごく難しい技もあってできないものもあるけど、クリエーティブにプレーすることを実現しようとやってきた」。世界を驚かせ続けるイニエスタの超絶テクニックの数々は、キャプテン翼を参考にしていたという。

 世界的スターのサポートで、下町が一躍脚光を浴びる可能性もある。京成電鉄の小林敏也社長が「国の内外を問わず多くの方に訪れてもらい、この地域の発展、にぎわいに」と力を込めれば、イニエスタも「この駅が多くの方にとって特別な場所になることを願っている」。大物助っ人効果で観光業界も盛り上がりそうだ。