【欧州CL】バルセロナ不完全燃焼 25本のシュートすべて空砲

2019年02月20日 11時30分

頼みのメッシも不発だった(ロイター)

【フランス・リヨン発】4シーズンぶり6度目の欧州CL制覇を狙うバルセロナ(スペイン)は敵地でリヨン(フランス)とスコアレスドロー。25本のシュートはすべて空砲に終わり、不完全燃焼の試合だった。

 1次リーグB組を4勝2分けの1位で突破したバルサに対し、リヨンもF組を1勝5分けで勝ち抜け。無敗チーム同士の対決はバルサが一方的に支配する展開だったが、リヨンGKアントニー・ロペス(28)の好セーブに阻まれた。終了間際にはゴール正面でFKを獲得し、エースFWリオネル・メッシ(31)が得意の左足で狙ったが、シュートは壁を直撃。最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。

 国内リーグでは首位を走るバルサも、ここ4試合は1勝3分けとやや足踏み状態。悪い流れを断ち切りたいところだったが、得点力不足は最後まで解消できず。第2戦はホームに戻るとはいえ、アウェーゴールを奪えなかったことで一抹の不安が残った。