アラベス移籍のMF乾 上々のデビューで勝利に貢献

2019年02月12日 11時30分

乾貴士(ロイター)

【スペイン・ビトリア11日(日本時間12日)発】スペイン1部リーグ第23節が行われ、ベティスから期限付きでアラベスに移籍した日本代表MF乾貴士(30)がホームのレバンテ戦でデビューした。いきなり先発のピッチに立ち、右の攻撃的MFで後半43分までプレー。得点こそなかったが、4本のシュートを放って存在感を示し、2―0の勝利に貢献した。

 前半9分に股抜きのパスを披露してサポーターを沸かせると、その後はゴール前に飛び出してチャンスを演出。同23分には乾が得たCKから先制点が生まれた。後半には左からのクロスをダイレクトで合わせる場面もあり、連係面も上々。交代でベンチに下がる際にはスタンディングオベーションで喝采を浴び、早くもサポーターの心をつかんだ。

 チームは連敗を3で止め、欧州リーグ出場圏内の6位に浮上。欧州CL出場圏内の4位セビリアとも勝ち点2差に迫り、乾の加入で上位進出が見えてきた。