香川 長友とのイスタンブール・ダービーに早くも闘志

2019年02月06日 16時30分

【トルコ・イスタンブール5日発】ドイツ1部ドルトムントからトルコ1部ベシクタシュに移籍した元日本代表MF香川真司(29)が本拠地のボーダフォン・アリーナで会見に臨み「ここに来れて非常に幸せ。ベシクタシュというチームを一つでも上の順位に上げられるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 デビュー戦となった3日の敵地アンタルヤスポル戦で、途中出場からわずか16秒でのゴールと強烈な直接FK弾で2得点の大活躍。サポーターに強烈なインパクトを与えたが「僕自身、想像していなかった。ファーストタッチでゴールできるというのは夢のような感じ。あの日のことは一生忘れない。これ以上ないスタートが切れたのは本当にうれしく思う」と振り返った。

 前日には、同じイスタンブールを本拠地とするガラタサライの日本代表DF長友佑都(32)の自宅に招待され、長友の妻でタレントの平愛梨(34)の手料理も堪能した。イスタンブールの町やお互いのチーム状況などについて話したことを明かし「おいしい食事をごちそうしてもらったので、この借りはダービーで返せればいいと思う」と、5月5日に予定されている「イスタンブール・ダービー」でのゴールを誓った。

 これに先駆け長友も自身のインスタグラムに、自宅で撮影した香川とのツーショット写真を投稿。「日本代表で出会って1番仲良かった真司と同じ街に住むなんて夢にも思わなかった」(原文ママ)とつづり「ダービー勝つのは俺たちだけどね」とライバル心をむき出しにした。

 香川の次戦は9日のホーム、ブルサスポル戦。「少しでも力になれるように、みんなと一緒に戦っていきたい」と言葉に力を込めた。