フランクフルト長谷部 「未熟」と語った吉田麻也主将にエール

2019年02月04日 11時30分

長谷部誠(ロイター)

 ドイツ1部EフランクフルトのDF長谷部誠(35)は2日(日本時間3日)、1―1で引き分けたドルトムント戦にフル出場した後、アジアカップ決勝で敗れた森保ジャパンの戦いをたたえた。

 昨夏のロシアW杯後に日本代表からの引退を宣言した前キャプテン。カタールに敗れた決戦について「(クラブの)練習時間と重なっていて見れなかった」と言うものの「いいときも悪いときもサポーターとして、ずっと応援している。よく決勝までいったと思う」とヤングジャパンの奮闘をねぎらった。

 また、長谷部から代表主将の重責を引き継いだDF吉田麻也(30=サウサンプトン)が敗退後に自身を「未熟」と語ったことに「僕自身も未熟さを痛感していた。彼の気持ちは痛いほどわかる」とし「彼にはキャプテンの資質が備わっていると思うし、これからでしょう」とエールを送った。