【アジア杯】GKシュミット「この公式球は特に難しい」

2019年01月11日 16時30分

 GKシュミット・ダニエル(26=仙台)が10日、“難易度MAX”のアジアカップ公式球について「W杯でも毎回“GK泣かせ”と言われるボールが出てくるけど、特にこのボールは難しい」と指摘した。

 今大会では日本のモルテン社製のボールが公式球に採用されたが「Jリーグで使っているボールだと、しっかりした回転がかかれば変化することはないけど、このボールは少し回転がかかっても不規則に変化する」と解説。トルクメニスタン戦で許した先制点はその特徴がモロに出た形だ。

 ロシアW杯や昨季のJリーグで使用されたアディダス社製のボールも各国の有力GKから悲鳴が上がるほど激しい変化を見せたが、今大会のボールは他に類を見ないという。それでもシュミットは「ミドルシュートをもっと打っていっていい。打てる選手もいる」と特徴を逆手に取った攻撃の必要性を訴えた。