【欧州サッカー】長谷部Eフランクフルトがデュッセルドルフに7―1大勝

2018年10月20日 12時00分

 サッカーのドイツ1部リーグ第8節が19日(日本時間20日)に行われ、MF長谷部誠(34)が所属するEフランクフルトがホームでデュッセルドルフに7―1で大勝した。長谷部は最終ラインの中央でプレーし、フル出場。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史(26)はベンチ入りしたが出番はなかった。

 この日の主役はセルビア代表としてロシアW杯にも出場したFWルカ・ヨビッチ(20)。前半26分のダイレクトボレー弾を皮切りに、後半27分までに5ゴールを量産。2015―16シーズンのFWロベルト・レバンドフスキ(30=バイエルン・ミュンヘン)以来の1試合5得点をマークした。

 トルコ1部リーグのガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(32)はホームのブルサスポル戦でベンチ入りしたが出場機会はなし。試合は1―1で引き分けた。