A代表の底上げへ なでしこ大胆若返り

2018年09月28日 16時30分

高倉麻子監督

 日本サッカー協会は27日、なでしこジャパンが11月11日(鳥取)に行う国際親善試合の相手がノルウェーに決まったと発表した。

 今年最後のA代表の試合となる一戦で、高倉麻子監督(50)は8月にU―20W杯で優勝した代表メンバーについて「呼びます」と明言。「彼女たちも追いかけていたけど、非常に良い出来だった」と世界制覇を成し遂げた大会の内容を評価した。その上で「(全体の招集人数を)少し多めに呼びつつ(若手を)思い切って呼びたい」と“ヤングなでしこ”の大量招集でA代表の底上げを目指す考えを示した。

 なでしこジャパンは8月のアジア大会で優勝したが、世界王者の米国や近年急成長を遂げている欧州勢からは後れを取っているのが実情。2019年フランスW杯、そして20年東京五輪へ向けて大胆な若返りでチームの活性化を図る。