【欧州CL】C組の注目対決はリバプールがパリSGに競り勝ち

2018年09月19日 11時30分

決勝弾を決めたフィルミノ(ロイター)

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)2018―19シーズンが18日(日本時間19日)に開幕「死の組」と言われるC組の注目対決は、リバプール(イングランド)がホームでパリ・サンジェルマン(フランス)に3―2で競り勝った。

 2―1でリードしていた後半38分、PSGのフランス代表FWキリアン・エムバペ(19)に同点弾を許したが、同アディショナルタイム2分にブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(26)が決勝弾。W杯で日本を苦しめたセネガル代表FWサディオ・マネ(26)や昨季プレミアリーグ得点王のエジプト代表FWモハメド・サラー(26)も存在感を発揮し、優勝候補としての底力を見せつけた。