日本代表新主将・青山に森保監督が新たな使命

2018年09月11日 16時30分

新キャプテンとして強い決意をにじませる青山(左)

 日本代表・森保一監督(50)が主将に新たな使命を課した。代表の新キャプテンに指名したMF青山敏弘(32=広島)について、リーダーシップを高く評価し「自分にも厳しく仲間のことを思いやって行動ができる」と話した上で「状況に応じてチーム全体をまとめてもらえれば。メンタル的なところも見ながら、チームが良い方向に進んでいけるようにしてほしい」。

 このゲキに青山も「森保監督だから呼ばれている部分は大きい。しっかり自覚してぶつけていく」と強い決意をにじませた。

 J1広島時代に3度リーグ制覇を果たした“師弟コンビ”が代表でも二人三脚でチームをレベルアップさせる。