乾がセビリア・ダービー日本人初出場で勝利に貢献

2018年09月03日 11時30分

【スペイン・セビリア2日(日本時間3日)発】スペイン1部リーグ第3節、ベティスに所属するMF乾貴士(30)がセビリア戦で先発フル出場し、1―0の勝利に貢献した。

 ともにセビリアを本拠地にし、激しいライバル関係にある因縁の“セビリア・ダービー”。日本人選手としては初めてこの舞台に立った乾は2列目のシャドーストライカーの位置に入り、相手守備陣をほんろうした。

 スコアレスで迎えた後半35分、右サイドからのマイナスのパスを乾がスルーすると、MFマンディがクロス。これを途中出場の元スペイン代表DFホアキン・サンチェス(37)が頭で合わせて先制した。2002年日韓W杯準々決勝の韓国戦で誤審に泣いたクラブのレジェンドが、今季チーム初勝利を呼び込んだ。