森安A代表のカギ握る“新ビッグ3” 9・7初陣飾る期待の星チェック

2018年08月31日 16時30分

 新生日本代表は“本田2世”の若武者に命運を託す。日本サッカー協会は30日、森保一監督(50)の初陣となる9月の国際親善試合チリ戦(7日、札幌)と同コスタリカ戦(11日、吹田)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。16強に進出したロシアW杯のメンバーから17人が入れ替わり、東京五輪世代からMF堂安律(どうあん・りつ、20=フローニンゲン)、MF伊藤達哉(21=ハンブルガーSV)、DF冨安健洋(19=シントトロイデン)がA代表初選出。今後は“新ビッグ3”として代表の顔となっていきそうだ。

 森保監督は初陣に臨むメンバー選考に関して「ロシアW杯に出ていた海外でプレーする選手の招集は、今回は見送ろうと思っていた。コア(核)なチームだとは思っていない」と説明。マニフェストに掲げる世代交代を推進すべく、実力を把握している主力組はあえて呼ばず、新戦力の発掘に主眼を置いた。

 W杯で2得点を挙げて世界から高い評価を得たMF乾貴士(30=ベティス)や“半端ない”活躍でヒーローになったFW大迫勇也(28=ブレーメン)は、今回お休み。初選出は4人を数え、平均年齢は25・3歳とロシアW杯から約3歳若返った。「選手個々にA代表の舞台でどれだけできるかを見せてもらいたい。持っているものを発揮してもらいたい」と指揮官はゲキを飛ばした。

 新生日本代表の躍進のカギを握るのは、最も若い東京五輪世代から抜てきされた3人。その中で最も注目されるのは、世代のエースに君臨してきた堂安だ。

 昨年5月のU―20W杯では4試合に出場してチーム最多の3ゴールを決めて、世界に名前を売った。その活躍が認められオランダへ渡った昨季、いきなり公式戦で10ゴールをマークして潜在能力の高さを証明。今季も開幕戦で得点するなど絶好調で、満を持してのA代表入りとなった。

 期待の20歳は強気な性格も持ち味。初の海外挑戦となるフローニンゲンに移籍した際も「技術だけでなくフィジカル的にも自分は特長がある。外国の選手には負けない」と堂々宣言し、有言実行の活躍を見せた。ビッグマウスが売りだったMF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)の“後継者”となるのは時間の問題と言われている。

 伊藤は2015年7月に高校卒業前の18歳で当時ドイツ1部の名門ハンブルガーSV(現在2部)と契約。昨季は弱冠20歳にしてリーグ戦で20試合に出場し、大きく飛躍した。森保監督が「ボールを持ったら相手に仕掛けていく」と評するドリブル突破が最大の武器。ドイツメディアが「新たな香川真司(29=ドルトムント)になるかもしれない」と指摘しているように、そのプレースタイルから“香川2世”として期待がかかる。

 冨安は日本で長らく待望されている次世代の大型センターバックだ。最年少ながら身長188センチは今回のフィールドプレーヤーで最長身。足元の技術や相手との駆け引きにもたけている。所属するシントトロイデンの立石敬之CEO(49)も「フィジカルや技術だけでなくメンタル面もしっかりしている」と絶賛。今年3月のハリルジャパンのベルギー遠征時には代表の練習や試合に足を運ぶなど、勉強熱心な一面も併せ持つ。

「彼らはA代表に入っていいだけのパフォーマンスを見せている」と3人に対する森保監督の期待は大きい。東京世代の三羽ガラスが世代交代の旗手となりそうだ。