FC東京の高橋&権田「快眠」で飛躍誓う

2013年02月22日 10時57分

 FC東京の日本代表コンビが快眠で飛躍だ。J1FC東京が21日、寝具メーカーの西川産業と今季からサプライヤー契約を結び、東京都内のクラブハウスで発表会見を行った。 同社では快適な睡眠を得るための寝具を開発しており、これまで野球やゴルフなどの様々なスポーツ選手と契約。今回サッカーチームとして初めてFC東京と商品提供の契約を結んだ。

 

 会見にはすでに製品を使用している4選手が出席し長所をアピールしたが、特に熱心だったのがMF高橋秀人(25)とGK権田修一(23)の代表コンビ。「僕の場合、腰痛があって寝付けないこともあった。本当に助かっている」と高橋が言えば、権田も「僕は首をけがしたことがあるのでフルコースを使わせてもらっています」と胸を張った。

 

 今後リーグ戦では遠征先でも使用するが、2人は日本代表の遠征にも持参するつもりで「もちろん持っていきますよ。僕は飛行機の中にも持ち込んだことありますから」と高橋。 W杯最終予選ヨルダン戦(3月26日、アンマン)や6月のコンフェデ杯(ブラジル)はともに長距離移動を強いられるだけに、心強い味方になりそうだ。