【天皇杯】来日1号 トーレス量産宣言

2018年08月23日 16時30分

イニエスタ(右)と競り合うFトーレス

 スペインでも話題沸騰だ。J1鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)は22日、同MFアンドレス・イニエスタ(34)が所属するJ1神戸に3―0で勝利した天皇杯4回戦で来日初ゴールを決め、8強入りに貢献した。

 後半19分から投入されたFトーレスは、39分に左サイドからのパスに右足を振り抜いて、ゴールネットを揺らした。「たくさんの人の前で最初のゴール。すごくうれしい。これは最初だけど、まだたくさん決められる」と、ゴール量産を宣言。盟友のイニエスタも「彼は素晴らしい選手。これからもチームに貢献できるだろう」とたたえた。

 この試合前まで、Fトーレスは7戦連続ノーゴールと結果が出ていなかった。スペイン紙「アス」(19日付)は、神戸加入後に活躍を見せるイニエスタと比較し「イニエスタは(湘南の本拠地)ヒラツカで輝いた。一方のトーレスは調子が悪いままで、低空飛行を続けている」と、母国でも不振が伝えられていた。

 そんな中で迎えたスター同士の直接対決。母国メディアは、Fトーレスの初ゴールを速報。地元紙「マルカ」は「トーレスがイニエスタとの初対決で得点を決めた」、「スポルト」は「トーレスの日本初ゴールも生まれる」と報じるなど、日本で戦うスターの活躍は母国でも大きな話題になった。