【天皇杯】J1川崎・斎藤学 うれしい移籍後初ゴール

2018年08月23日 16時30分

 J1川崎のMF斎藤学(28)は22日、3―1で湘南に快勝した天皇杯4回戦で決勝弾を決め、チームを8強に導いた。1―1で迎えた後半9分、得意のドリブル突破から左足を振り抜いて勝ち越しゴール。今季J1横浜Mから新加入した斎藤にとっては待望の移籍後初得点となった。

 元日本代表のアタッカーは「しんどいことを経験するのも一つの人生」としみじみと語ったように、昨年9月に右ヒザ前十字靱帯を損傷。移籍後もリハビリからスタートしただけに、勝利に貢献する得点に喜びもひとしおだ。今後は「リーグでも点を取ってアピールしたい」ときっぱり。代表復帰へようやく再スタートを切った。