長友 トルコリーグ開幕前に右足負傷していた

2018年08月09日 16時30分

長友佑都

 トルコ1部ガラタサライは7日、所属する日本代表DF長友佑都(31)が右大腿部を負傷したと発表した。トルコスーパーカップ(5日、対アクヒサル・べレディエスポル戦)では後半33分に1―1の同点弾をアシストし、延長前半11分に途中交代していた。しかし、長友は8日に自身のツイッターを更新し「少し張りがあったから交代したけど、検査も問題なかったし、今日も元気に練習行きます」と書き込み、軽傷をアピール。10日に開幕戦を迎えるが、問題なくプレーできそうだ。