【ロシアW杯】背番号決定 香川が2大会連続「10」

2018年06月02日 17時12分

合宿地に向け出発した香川(左)

 日本サッカー協会は2日、ロシアW杯に臨む日本代表メンバー23人の背番号を発表した。

 MF香川真司(29=ドルトムント)が2大会連続で10番を背負い、MF本田圭佑(31=パチューカ)は4番、FW岡崎慎司(32=レスター)は9番。MF青山敏弘(32=広島)の離脱でガーナ戦(5月30日、日産)で空き番号となっていた6番は、同戦で2番だったMF遠藤航(25=浦和)となり、2番はDF植田直通(23=鹿島)が背負う。全選手の背番号は以下の通り。

【GK】1川島永嗣(35=メス)、12東口順昭(32=G大阪)、23中村航輔(23=柏)

【DF】5長友佑都(31=ガラタサライ)、20槙野智章(31=浦和)、22吉田麻也(29=サウサンプトン)、19酒井宏樹(28=マルセイユ)、21酒井高徳(27=ハンブルガーSV)、3昌子源(25=鹿島)、6遠藤航(25=浦和)、2植田直通(23=鹿島)

【MF】17長谷部誠(34=Eフランクフルト)、4本田圭佑(31=パチューカ)、14乾貴士(30=ベティス)、10香川真司(29=ドルトムント)、16山口蛍(27=C大阪)、8原口元気(27=デュッセルドルフ)、11宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)、7柴崎岳(26=ヘタフェ)、18大島僚太(25=川崎)

【FW】9岡崎慎司(32=レスター)、15大迫勇也(28=ブレーメン)、13武藤嘉紀(25=マインツ)