【ガーナ戦】武藤が反省「決めないといけなかった」

2018年05月31日 16時30分

シュートを放つ武藤(右下)

 サッカー日本代表は30日、国際親善試合のガーナ戦(日産スタジアム)に0―2で完敗した。

 FW武藤嘉紀(25=マインツ)は後半開始から投入されたが、絶好機でシュートを外すなど無得点に終わった。これには「決めないといけなかった」と反省。一方で「コンディションはいい。(課題は)話し合って改善していけばいいし、本番じゃなくて良かった。(1トップの時に)前でボールを止められる(キープできる)自信もあるから続けていけばいい。しっかりと決められるように研ぎ澄ましていきたい」と話した。