キリングループ 合宿中の西野ジャパンに差し入れ「日本を元気にしてもらいたい」

2018年05月24日 18時41分

贈呈式に臨んだ(右から)西山常務、西野監督、吉田、大槻部長

 サッカー日本代表のオフィシャルパートナーを務めるキリングループが24日、千葉県内で合宿を行っている西野ジャパンに日本代表オフィシャルドリンク「キリンヌューダ スパークリングレモン」と「小岩井 iMUSE(イミューズ)のむ生乳ヨーグルト」を贈呈した。

 ヌューダは「スパークリング」を23ケース(1ケース24本)、「スパークリングレモン」を2ケース(同)の計600本、イミューズは640本それぞれ差し入れされた。

 贈呈式には、キリンビバレッジ株式会社の西山実常務執行役員営業本部長(57)と小岩井乳業株式会社の大槻茂夫マーケティング部部長(50)が出席。西山営業本部長から西野朗監督(63)にヌューダ、大槻マーケティング部長からDF吉田麻也(29=サウサンプトン)にイミューズが、それぞれパネルで贈られた。

 西山営業本部長は「ヌューダを飲みながら、いい合宿にしてもらって、日本を元気にしてもらいたい」と力強く語り、大槻マーケティング部長も「頑張って頂きたい。(イミューズに配合される)プラズマ乳酸菌は、キリンの英知を結集して研究しているものです」と商品の特徴を説明した。

 ロシアW杯の大舞台に臨む西野ジャパンにとって、キリングループが誇る注目ドリンクは強力な援軍となりそうだ。