【びわこボートPGⅠヤングダービー】関浩哉が予選2連勝スタート!初の複数V達成なるか

2020年09月17日 19時35分

関浩哉

 ボートレースびわこのプレミアムGI「第7回ヤングダービー」が17日、熱闘の幕を開けた。その初日注目の一戦「ドリーム戦」は1号艇・磯部誠(愛知=30)がイン逃げ快勝! 2着には仲谷颯仁(はやと、福岡=26)、3着は木下翔太(大阪=29)が入線、3連単1-2-3 700円、1番人気で順当に決着した。

 一方、予選組では上田龍星(大阪=25)と関浩哉(群馬=25)がそろって2連勝の開幕ダッシュ。エース21号機を駆る吉川貴仁(三重=27)もハイパワーで1、3着の好発進を決めている。

 中でも関の動向から目が離せなくなった――。というのも、関は2年前の第5回・浜名湖大会の覇者。このヤングダービーではこれまで複数Vを飾った選手はおらず、今大会の出場選手でヤングD優勝経験があるのは関のみ。唯一、大会初の複数V達成の可能性があるからだ。

 初日のレースでは、7Rを2Mでの差し切りで勝利すると、返す刀の11Rでもきっちりとインコースから逃げ切り快勝。レース後は「1号艇だった11Rでは舟が跳ねたけど差されなかったので、回り足はいいんでしょう。行き足も悪くなかった」と機力に関してもまずまずの手応えを得た様子。

ボートレースびわこ【公式】
https://www.youtube.com/channel/UCLbcsJqsT5Qa1axpYcOBpmg