【GIII瑞峰立山賞争奪戦】本紙記者の最終日(2日)決勝予想

2020年08月01日 19時11分

【GIII瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で開催中の開設69周年記念(GⅢ・瑞峰立山賞争奪戦)は2日、最終日を迎える。今節は7車立て9個レースで争われているシリーズで、決勝に勝ち上がったのは、以下の7人のメンバー。

決勝 9R
▲1 吉田 敏洋(40)愛知・85期
○2 村上 博幸(41)京都・86期
 3 元砂 勇雪(28)奈良・103期
×4 村田 雅一(36)兵庫・90期
◎5 稲垣 裕之(43)京都・86期
 6 椎木尾拓哉(34)和歌山・93期
△7 松岡 健介(42)兵庫・87期

並び 1 25 36 74

【本紙の見解】近畿は3分、吉田が単騎のコマ切れ戦。村上が稲垣の前を初めて走る。前々に攻めれば稲垣のチャンスだ。