【GIII瑞峰立山賞争奪戦】浅井康太が通算23回目のGIII優勝

2018年09月02日 18時49分

【GIII瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪開設67周年記念(GIII・瑞峰立山賞争奪戦)は2日、最終日を行った。決勝は埼玉2段駆けを、単騎の浅井康太(34)が2角からまくって優勝。GIII通算23回目のVを手にした。

 グランプリ王者として貫禄を見せつけた浅井は「平原(康多=36)さんと力勝負する形にできて良かった」と振り返った。充実一途の王者は、次走高知の共同通信社杯(GIII)で久しぶりのビッグレース制覇を狙う。