【GI寛仁親王牌】脇本雄太と松浦悠士がお互いの胸の内を明かした

2020年10月15日 18時43分

【GI寛仁親王牌】初日(15日)12Rの理事長杯を制したのは脇本雄太。すさまじいのは残り2周のタイムで、18秒3-18秒3(残り1周は8秒9-9秒4)という目を疑うような数字だった。青ざめる松浦に対し、脇本も体への負担がすごいレースだったと振り返った。2日目(16日)12Rのローズカップも必見の一戦だ。