【GIII玉藻杯争覇戦】73期の大エース・古閑良介 1年ぶりの1着にご満悦

2018年02月02日 14時22分

【GIII玉藻杯争覇戦】高松競輪場で開催中のGIII「開設67周年記念玉藻杯争覇戦」は2日、2日目二次予選と優秀戦「チータカカップ」が行われた。

 73期の在校1位で卒記チャンプの古閑良介(44)が二次予選7Rで、まさかの直線強襲を決め、1年ぶりの1着をゲットした。昨年は骨盤骨折の大ケガも負ったが、九州一の明るい実力者が驚きの復活劇。村上義弘(43)、渡辺晴智(44)など、73期の闘走はいつまでも見逃せない。