【GⅢ玉藻杯争覇戦】山口富生が衰えぬ差し脚発揮した

2020年01月30日 15時11分


【GⅢ玉藻杯争覇戦(30日)】山口富生(50)が一次予選6Rで不破将登(31)の先行に乗ると、余裕を持った抜け出しで1着をつかんだ。今月6日に50歳になったばかりだが、闘志は衰えることはない。不滅の闘将が頼もしい。