【GIII鳳凰賞典レース】朝倉佳弘が執念と信頼で決勝進出だ

2020年01月06日 19時05分

【GIII鳳凰賞典レース(6日)】朝倉佳弘(39)は3日目の準決10Rで吉田拓矢(24)の番手でチャンスをうかがった。インで粘られる形になったが、耐え、落車を避けると、とにかく吉田を信じ切って3着に入った。立川記念はやはり別。地元のファイターが燃えている。