【立川競輪・鳳凰賞典レース】“漢中漢”トシヒロが夢に突き進む

2017年01月03日 16時00分

YouTube Preview Image

【立川競輪・鳳凰賞典レース(3日・前検日)】漢(おとこ)の中の漢とは吉田敏洋(愛知=37)のためにある言葉。昨年は大き過ぎる経験をした。素晴らしい奮闘に違いなかったが、今年GⅠ初制覇してこそといえる。とはいえ吉田は地に足をつけて、今年を見つめている。