【GⅢ平安賞】天才井上昌己まだまだ衰えぬ

2019年09月28日 18時13分

【GⅢ平安賞(28日)】準決12Rに登場した井上昌己(40)は突っ張られて後退するなど、厳しい流れに置かれた。だが、宮城勢のまくりを追走する形に立て直すと、最後は村上義弘(45)との踏み合いを制して3着を確保した。40歳になった天才マサキング。疲れた表情を見せてはいたが、単騎で一発大まくりを狙う。