【GII共同通信社杯】諸橋愛が流れをモノにしている

2019年09月13日 16時52分


【GII共同通信社杯(13日)】諸橋愛(42)は今大会は補欠としての位置にいたが、繰り上がると意識して準備を怠らずにやってきていた。一次予選8Rは自動番組制で引き当てた吉田拓矢(24)の番手で、絶好のチャンスをつかみ取った。いつまでも闘志衰えぬ戦いぶりは必見だ。