【KEIRINグランプリ】直前最新情報満載! 本紙・前田睦生記者のレース予想!!

2020年12月29日 19時02分

【KEIRINグランプリ】神奈川県平塚市の平塚競輪場で開催中の「グランプリシリーズ」の最終日、30日に「KEIRINグランプリ2020」が行われる。優勝賞金1億340万円と競輪界頂点の座をかけた戦い。出場するのは以下の9選手。

△1 郡司 浩平(30)神奈川・99期
◎2 脇本 雄太(31)福井・94期
×3 松浦 悠士(30)広島・98期
 4 和田健太郎(39)千葉・87期
 5 清水 裕友(26)山口・105期
 6 守沢 太志(35)秋田・96期
○7 平原 康多(38)埼玉・87期
▲8 新田 祐大(34)福島・90期
 9 佐藤慎太郎(44)福島・78期

並び 896 35 14 27

【本紙の見解】脇本と平原が並ぶ夢のラインがレースを支配する。他の選手の強さに疑うものはないが、そんな7人を相手にしても、この脇本ー平原ラインは別格のもの。ワンツーに絞る。

【関連記事】