【KEIRINグランプリ】“競輪伝道師”佐藤慎太郎がGP初制覇!

2019年12月30日 19時42分

 東京都立川市の立川競輪場で30日、競輪界最高の戦いである「KEIRINグランプリ2019」が行われた。優勝したのは43歳のベテランハードマーカー佐藤慎太郎(43)。2006年大会以来、実に13年ぶりの出場だったが、愛する新田祐大(33)の攻めに乗ると鋭く伸び切ってGP初制覇を成し遂げた。また優勝賞金1億340万円を手にし、今年の賞金王となった。競輪の面白さ、奥深さを伝える“競輪伝道師”が輪史に残る走りを、最高峰の舞台で披露した。