【GI競輪祭】柴崎淳「忘れ物を取りに来た」

2019年11月20日 17時20分


【GI競輪祭(20日)】柴崎淳(33)は昨年大会で脇本雄太(30)の番手を回り、絶好の流れだったがモノにできなかった。悔しい思いを胸に刻み、今節はインナーにも決意を刻印しての参戦だ。2日目の一次予選第1走・2Rを快勝した脚なら、忘れ物は今回見つかりそう。今大会得点ナンバーワンの自覚も胸に、3日目の一次予選第2走に挑む。