【GⅢひろしまピースカップ】“豊後の虎”小野俊之 人生をかけた大一番を見すえる

2017年12月21日 11時44分

【GⅢひろしまピースカップ】21日、広島競輪場で「開設65周年記念広島ピースカップ」が開幕し、一次予選と特選が行われた。

“豊後の虎”小野俊之(41)が人生をかけた大一番を見すえる。2019年2月は地元・別府競輪場で全日本選抜が開催される。そこで優勝を狙うには来年1年間の戦いが重要になってくる。

 今年前半は失格過多でA級に陥落したが、後半の半年でS級での走りを徐々に取り戻してきた。終わらない虎の進軍は、競輪界の特別なスパイスだ。