スピードスケートインターハイ3位、国体2位の実績

2013年01月30日 09時00分

 今夏デビュー予定の女子オートレーサー5人の秘めた思いに迫った。

 昨年1月、31期の先輩である坂井宏朱さんが練習中の事故で殉職した。当時の報道を知り、この世界に飛び込む決意を固めたのが元スピードスケーターの岡谷美由紀(28)だ。

 

 中型免許を保有し、愛車はホンダのスティード。子供のころに見たテレビでオートの存在を知り、憧れも抱いていた。職業として考えるようになったきっかけは意外なものだった。

 

「男の人しかなれないとずっと思っていて諦めていたけど…。坂井さんが亡くなった時の報道を見て、女子選手がいることを知ったんです。悲しい出来事だったし、怖いという思いもあったけど、それ以上に自分もレーサーになりたいと思った。恐怖心より、自分に対する期待の方が大きかったんです」

 

 スピードスケートの世界で残したインターハイ3位、国体2位の実績はダテではない。

 

 座右の銘は「人生一度きり」。物静かな語り口の中に、秘めた闘志が感じられる。


今夏デビュー!オート女子5人の横顔