支えてくれる家族のために…

2013年01月31日 09時00分

【オートレーサーマシン図鑑32】林稔哲(37)伊勢崎・30期

 

 愛機名は「ヒートメタル」。これは「子供と見ていた」という「仮面ライダーW」から採ったもの。ロッカーにはフィギュアも置いてありレースで使用するつなぎもヒートメタルに似せてデザインされたものだ。

 

 この世界を知ったのは20歳のころにアルバイトをしていたピザ店で木部匡作(30期・船橋)と近藤裕保(27期・伊勢崎)に出会い、レース場に連れてきてもらったことという。「これだ」と思い26期の試験を受けたが不合格に。建築士の仕事をしていたが、30期の時に年齢制限が緩和されチャンスが巡ってきた。見事合格しレーサーとなったが「受かった当時は下の子は小さかったし、自分は養成所に入って家にはいられなくなった。家族や周りに迷惑をかけた。感謝してもし尽くすことはない。何とか活躍しないと」。夢の実現を支えてくれた家族のために勝って恩返しを、という気持ちで走る。

 

 12年は地元でGI初優出を決めたがそれ以降はリズムを崩した。「これからはいかに安定して成績を残すか」が課題。後輩の31期も1級車に乗り替わったが「自分が勝てるように集中したい」とブレはない。今年は昨年以上に好成績を残そうと燃えている。

 

 

<はやし・としあき>1975年6月25日生まれ。群馬県出身。2008年12月24日選手登録の30期。11年6月27日地元・伊勢崎で初優勝。同期は新井恵匠、永井和幸、赤堀翼、桜井厚志、内山雄介、緒方浩一、田村治郎など。血液型=AB。