【千葉GⅢ滝澤正光杯】和田健太郎が苦悶の表情で準決突破を振り返る

2017年10月16日 19時46分

【千葉競輪場・GⅢ滝澤正光杯(3日目・16日)】準決11Rを2着でクリアした和田健太郎(36)だが、前を任せた郡司浩平(27)、伊勢崎彰大(39)が勝ち上がれなかったため、笑顔はなかった。何より師匠の冠レースに燃えていた伊勢崎を思うと、なんともいえないものがあった。