【GⅡ共同通信社杯】鬼になった村上義弘 壮絶過ぎる死闘を演じる

2017年09月16日 16時16分

【武雄競輪場・GⅡ共同通信社杯(16日・2日目)】二次予選9Rに出走した村上義弘(43)は全身全霊をかけて中井俊亮(24)の番手を守り抜いた。身を粉にして頑張ってくれる中井のために、一緒に勝ち上がりをと満身創痍の体で戦った。苦悶の表情で中井への思いを語った。