【GⅡ共同通信社杯】山田久徳 持ち味の持久戦に持ち込んで勝ち上がる

2017年09月16日 14時54分

【武雄競輪場・GⅡ共同通信社杯(16日・2日目)】山田久徳(30)は二次予選6Rで前々に踏み込んで位置を確保。別線に脚を使わせる流れに持ち込むと、最後はド地脚発揮で3着に伸びてきた。共同通信社杯は一昨年防府で決勝に乗ったことがある好相性の大会。今回も決勝に乗る。