【いわき平競輪】周回板の誤表示で6R不成立 車券2億2100万円は全額返還

2017年08月15日 17時49分

掲示板には全額返金となる「払戻金100円」が表示された

 福島県のいわき平競輪場で開催されていた「第60回オールスター競輪」(GⅠ)最終日(15日)第6Rは競技規則73条(周回板の誤表示)により不成立になった。

 走路審判の周回通告員が残り2周(赤板)で落車した堤洋の救護に向かったため周回板をめくるのが遅れ、残り1周の時点でも誤って2周(赤板)の表示のままだった。最終バック(残り半周)あたりからは笛が鳴らされ「競走停止」のアナウンスも流れたが、走行中の選手は気づかなかった。新山響平とワンツーで入線した大槻寛徳は「新山と決められたと思ったのにこんなことになるなんて…」と語気を強めて悔しさをあらわにした。

 なお、発売された車券(約2億2100万円)は全額返還となった。