【競輪祭】深谷知広 準決勝進出も悔しい勝ち上がりに笑顔なし

2016年11月25日 19時07分

【競輪祭】福岡県北九州市の小倉競輪場で開催中の「第58回朝日新聞社杯競輪祭(GI)」は25日、2日目二次予選と優秀戦「ダイヤモンドレース」が行われた。

 YouTube Preview Image

 深谷知広(26)は悔しい勝ち上がりに厳しい表情。二次予選10Rは打鐘から和田真久留(25)を叩きにいく激しいレースで2着通過。しかし、浅井康太(32)、坂口晃輔(28)との連係が決まらなかったこと、またやや調子に不満があることから笑顔は見せなかった。