【GIIIゴールドカップレース】“八戸のビッグエコー”新山響平 大物ぶり発揮して準決勝突破

2016年10月31日 18時53分

【GIIIゴールドカップレース】東京都調布市の京王閣競輪場で開催中の「開設67周年記念ゴールドカップレース」は31日、準決勝戦が行われ決勝に出場する9人が決まった。

YouTube Preview Image

“八戸のビッグエコー”新山響平(22)が大物ぶり披露の準決突破だ。準決11Rは吉本卓仁(32)を力ずくでたたくと、浅井康太(32)のまくりも封じて粘り込んだ。輪界を背負っていく逸材が、まぶしい。