【前橋競輪・GⅠ寛仁親王牌】リオ五輪日本代表・中川誠一郎 実戦感覚を取り戻す

2016年10月08日 18時39分

YouTube Preview Image

【前橋競輪・GⅠ寛仁親王牌(2日目・8日)】“肥後の超特急”中川誠一郎(37)がこれからの手応えをつかんだ。二次予選A10Rは先頭に立つと、脇本雄太(27)がなかなか仕掛けてこず「おいおい…」という流れ、も冷静にピッチを上げて勝ち上がりの権利を手にした。長い距離を先頭で立ち回って、いい刺激が入ったようだ。