“史上最年長優勝”山口幸二が男泣き

2011年12月30日 18時47分

 12月30日に平塚競輪場で開催された「KEIRINグランプリ2011」は最強支部長・山口幸二が43歳の史上最年長優勝を飾った。

 

 レースは、深谷知広の打鐘前先行を浅井康太が武田豊樹の4番手まくりに合わせて、3角から番手まくり。直線で山口が鋭く抜け出して優勝。2着武田、3着浅井。

 

表彰式では長澤まさみと持田香織に祝福され満面の笑顔を見せた。


YouTube Preview Image