【寛仁親王牌】園田匠がGI初優勝

2015年07月20日 17時54分

左から2着の武田、初優勝の園田、3着の神山

九州に久しぶりのGⅠタイトル!!! 弥彦競輪場で開催された「第24回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」(GⅠ)は20日、最終日を行った。“北九州の風来坊”園田匠(33)が、鋭すぎる直線強襲で決勝を制し、GⅠ初優勝。自身が唱えてきた「33歳ピーク説」をものの見事に体現する勝利をつかんだ。

 

 師匠・吉岡稔真氏(引退)の弟子として「GIを優勝する約束で弟子にしてもらった」という男の有言実行ぶりが光った。九州の選手のGI優勝は2008年1月「競輪祭」の井上昌己(長崎)以来になる。

YouTube Preview Image