【寛仁親王牌】ナショナルチームの活動で強さ増した脇本が悲願達成へ王手

2015年07月19日 19時50分

【寛仁親王牌】新潟・弥彦競輪場で開催中の「第24回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GI)」は19日、準決勝が行われファイナリスト9人が決まった。

 

“ワッキー”がついにGI初Vだ。脇本雄太(26)はナショナルチームの活動が、競輪の方に好影響をもたらし、今や外国人のトップ選手顔負けの力を備えている。今節の走りっぷりは圧倒的だ。優しい好青年の最高成績は、2012年6月高松宮記念杯の決勝2着。今回は一つ上の結果が待っている。

YouTube Preview Image