【寛仁親王牌】“33歳ピーク説”提唱する園田 33歳最後のGⅠで決勝進出

2015年07月19日 19時42分

【寛仁親王牌】新潟・弥彦競輪場で開催中の「第24回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GI)」は19日、準決勝が行われファイナリスト9人が決まった。

 

 園田匠(33)が「33歳ピーク説」を立証する。“北九州の風来坊”は、早くから33歳で選手生活のピークを予定し、GI優勝を描いてきた。「これが33歳で乗る、最後のGI決勝」(9月22日に34歳になるため、次のGⅠ決勝の可能性があるのは9月23日のオールスター決勝)。自身が設定するラストチャンスは、必ず決める。

YouTube Preview Image