【福井競輪・S級シリーズ】ダービー王・脇本雄太 2日目こそ地元ファンに勝利を届ける

2022年05月22日 18時55分

初日特選は2着だった脇本雄太(東スポWeb)
初日特選は2着だった脇本雄太(東スポWeb)

 福井競輪のS級シリーズ「ホワイトベア賞」は22日、開幕した。完全Vまで期待されたダービー王・脇本雄太(33=福井)だったが、初日12R特選では北津留翼(37=福岡)にまくられ2着発進。それでも、ラインの連結が乱れ〝裸逃げ〟となった中で強さは見せた。

 初日は日曜日ということもあり、多くのファンが訪れていたが「声援がすごかったし、この声援の中で負けるのはショックですね」。地元凱旋を飾れず、やや落胆の表情も見せていた。

 ただ、北津留も5月の日本選手権で4走中3回の2連対を果たすほど、ツボにはまれば超一流クラスの中でも結果を残せる男。脇本も「翼さんはダービーの時も強かったのは知っているし」と素直に強さを認めた。

 2着でも逃げた感触には手応えを得ているようで「(自身の)タイムも見て自分の中では悪くないし、先行であれ以上はできないですよ。ただ、それを言い訳にしたらダメだし、しっかり優勝しないといけない」。敗戦を引きずることなく、改めて優勝のみを視界にとらえた。

 23日の2日目は準決12Rに登場。今度こそホームの声援に応える勝利を挙げ、最終日の美酒へとつなげる。

【関連記事】

関連タグ: